スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fantic腰上組み付け…のはずだった

久々のFanticネタ。
結果的には大して進まなかったんだけど…まぁ今日は時間の制限もあったりで…とか言い訳してみたりw

とにかく今回はピストン組み付け、シリンダー取り付けをやった。
因みにピストンはT.K.R.JでDT125/TZR125用を購入。
(MUNEさん、購入先情報情報ありがとうございました)

径や高さを測ったらどうもこれらしい…と判断し購入。

R0014629-s.jpg
以前アップしたと思うけどガスケットがあるべき場所に新聞紙?が貼ってあったのでwそれを剥がした。
スプレーのりだかなんだか知らないけど剥がすのに難儀したわー

R0014630-s.jpg
何年も前に買ったガスケットシート。未開封。MT125に乗ってた時に購入したけど結局使わなかったもの。

R0014631-s.jpg
適当なラッカー塗料をつけて写し取ってみようか。
あ、手ホーニングwもしましたよ。少々錆あったしね。

R0014633-s.jpg
R0014634-s.jpg
R0014635-s.jpg

R0014636-s.jpg
R0014638-s.jpg
雑だなw
まぁいいよね?グリスを塗って使用するようだな…液体ガスケットも併用するかな。
R0014641-s.jpg
こっちにも新聞紙かよ
R0014643-s.jpg
どなたか存じませんがありがとうございます。参考にさせていただきました。
R0014644-s.jpg
これでいいのだろうかそれにしてもピストンリングって折っちゃいそうで怖いわ~

R0014648-s.jpg
液体ガスケットを塗ってみる。
R0014649-s.jpg
なんとかピストンを取り付けた。
クリップ?を取り付けるのに難儀した~

だが大きな問題が。まぁ薄々気づいてたんだけど。
あの~ピストンリングがあたってシリンダーが降りないんですが

だってどうみてもピストンリングって、ピストンからはみ出てるよね?
出来るだけはみ出ないように入れようとしてるんだけどどうにもあたる。
R0014651-s.jpg

オレ何か順番間違ってたり、勘違いしてますかね?
スポンサーサイト

Fantic Chopper 現状

…というわけでピストンリングが折れてることがわかったのでさてどうするか?

エンジンはもう一個あるので積み替えるか~?と思ってたんだけどどうなってるか見てみたくなったので
腰上を分解してみた。

因みにエンジンをバラすなんてオレは初めてw

Fantic レストア 011-s
でかいフィンだことw
かっこいいなぁ…飾っておきたいくらいだよ。

Fantic レストア 005-s
見た目対してキズついてないなぁ。ちょっと錆がある。
これがひっかかって負荷がかかったのかもしれん。

シリンダーはずし、ピストンはずし 003-s
シリンダーを外す。
シリンダーって刺っているだけなんだね。

シリンダーはずし、ピストンはずし 006-s

ピストンリング折れ-s
折れてるね、やっぱり。
ぼよ~んてなってる。

シリンダーはずし、ピストンはずし 008-s
ヘッドの裏。それなりに汚れてる。

シリンダー俯瞰-s
ガスケットが…紙?新聞紙?w
中は素人目にはキレイ。錆を細かいペーパーで研磨すればよいのでは。

ピストン2 キズあり-s
「ガリッ」といってるなぁ。
これはダメそうだ。

ピストン ヤマハの刻印-s
前オーナーから聞いてはいたけど、ほんとにヤマハのピストンだった。
これは勿論元々じゃない。

ヘッド、シリンダー、キャブレター-s
2stはシンプルだのう。

シリンダー脱着後 001-s
骨と化してきたFantic Chopper。ここまでの話になるとは思わなかったw
それにしてもチョッパーっぽくないフレーム。チョッパーっぽいのに不思議だw

さて。
これはどうするべき?ピストンをお店に持っていってピストンとリングを買って組み付ける?
お店は内燃機屋さん?

それともこれはこれで取っておいて、エンジン積み替え?
(予備エンジンが調子がいいという保証はない)

さ~てどうしよ。

Fantic Chopper、その後の後…

…その後Fantic Chopperはエンジンはかかるがアイドリングできない、という問題点を改善すべく
キャブレター清掃に着手。

キャブレター分解-s

こりゃダメだw
…でジェット類もつまりが見受けられたので清掃した…eguさんがほとんどやってくれたけど。
他の大ざっぱなパーツはオレがやる、的なw

いつも色々教えていただきありがとうございます

キャブレター分解1-s

キャブレター分解2-s
もう少しキレいなウェス用意すべきだね、絵的に。
とにかくキャブ自体は綺麗になったと思う。

組み付けてエンジン始動

かかった、走った~と突然エンジンストップ
何?(今思えばこの瞬間アレが死んだのだ)


それっきり今の今まで一回もエンジンがかからなくなった。
けっこう元気に吹きあがっていたのに一体何が
因みに火花はバチバチに飛んでいる…


…で本日。
色々なMOTOR PHYCHO達の意見を聞いてとりあえず一番簡単に出来そうなマフラー内のカーボンを取る、をやってみた。
以前アドレスV100をレストアした時にこれは効果があった。

マフラー脱着 001-s
因みにラフランコーニの純正マフラー。
ステンレス製!

マフラー脱着 002-s
なんだこのガスケット。

マフラー脱着 003-s
ワイルドなサイレンサー。これじゃあの爆音もうなづけるw

マフラー焼き-s
焚き火に突っ込むw
もくもく煙出てた…

マフラーをはずしたことでピストンが見える、ってわけで見てみると…

ピストンリング折れ-s
ピストンリング折れてる!
(わからないと思いますが折れてるんです)

あーマフラーの中から出てきた金属片、金属粉はこれか…
こりゃピストンもシリンダーも傷ついたろうなぁ。

要は圧縮が足りないんだよね

ボーリングとかやると話が大きくなっていくなぁ。出費もでかそうだ。
以前ここで紹介した部品取り車からエンジン積み替えるか~


なんか旧車系雑誌の連載みたいになってきたぞw
つづく!

Fantic Chopperその後…

昨日は久しぶりにFanticをいじった。
エンジンはかかったけど、クラッチが切れない状態で1速に入れるとエンストしてた。

…というわけでeguさんの助けを借りながらクラッチを開けてみよう

Fantic クラッチ 002-s
こっちはクラッチじゃなかったw
このバイクね、エンジンはDUCATIなのだよ。
そもそもこのバイク、イタリアの粋を集めて作られている。

ボラーニのH型リム、ラフランコーニのマフラー、アプリリアの灯火類、キャブはデロルト…でエンジンはDUCATI。
キャブはミクニに変わっちゃってるけどデロルトもあるよ。

Fantic クラッチ 001-s
クラッチ。
お~マイナスネジ。はっきりいってちょっとナメたw
マイナスネジ、旧車には似合っててかっこいいんだけどいかんせんナメやすいねぇ。

Fanticクラッチ修理 003-s
中はとにかく綺麗な状態。
メッキかかってる?

Fanticクラッチ修理 001-s
綺麗な感じだったけどやっぱり張り付いてた部分があったねぇ。

Fanticクラッチ修理 002-s
とにかく綺麗。
ガスケットも良い状態と判断してそのまま使った。

…でギアオイルを入れて、混合ガソリンも入れていざKICK!

かからない。
2人で交代交代でキックするがかからない。

そうこうしているうちにカブった。
Fanticクラッチ修理 004-s
いや~プラグ自体は綺麗なんです。

この後プラグを組み付け、再度チャレンジするがこの日はかからなかった…
キャブもやらなきゃダメなのかな?


※今日、eguさんが試しに再度チャレンジするとエンジンかかった!
流石日頃、アイアンで鍛えた脚キックの鬼
…で更に走った…でもすぐストール

やっぱりまだ手をいれなければダメなようですわ。
でも初めて走行しているところを見れたw

Fantic Chopper!

突然ですが、取引先の社長からバイクをいただきました
自分の業界では旧車好きで通っているオレ、話が迷い込んできたのだ。

その社長とはもう数年はお会いしていなかったけど、このバイクを持っていることは以前より知っていたw
…で30年程所有しているけど、もう今後乗らないだろうから好きな人に乗って欲しいとのこと。

はいはい!僕乗りますw

そのバイクとは…

R0013487-s.jpg
ん?

R0013492-s.jpg
その名もファンティック・チョッパー
え~ファンティックというイタリアのメーカーが70年代に発売したチョッパーというモデルですw

R0013501-s.jpg
ファンティックはオフロード車で今は有名なのかな?
トライアル車とか。
因みに125cc、空冷2st。おまけにヴェスパ的な混合仕様。
チョッパーで2stとはこれ如何に?

R0013506-s.jpg
シート張り替え、フロントフォーク延長、シーシーバー切断加工、ハンドル交換、タンク塗装が前オーナーによるカスタム。
このバーガンディーのシートは当時張り替えたとのこと。
オレのLTDに通じるものがあるねw当時しか出せないこのテイスト!

fantic20chopper20125.jpg
因みにノーマル状態はこれw(拾い画です)
正にファクトリーチョッパー イタリア人が考えたチョッパー。
狂ってるw フロントタイヤ小さすぎ。

R0013507-s.jpg
因みにエンジンはドカティとのこと。

R0013511-s.jpg
部品取り車にはオリジナルのデロルトキャブレター付属。

R0013512-s.jpg
リムはボラーニのH型リム。


R0013514-s.jpg
灯火類はアプリリア。

フロントフォークはセリアーニだったりしてw(不明)


購入当時は街に走りに行くと1日2回は白バイに捕まるほど目立っていたそう。
ノーマルでこの状態です、と証明するためにカタログを持って乗っていたとのことw
それでもハンドル交換とシーシーバーの改造を強いられたという…まだチョッパーが全然市民権を得ていない時代のお話です。

R0013510-s.jpg
このバイク、当時日本に15台入っただけとのこと。
それなのに部品取り車もいただいちゃいました。

R0013504-s.jpg
とってもサイケな純正タンク
時代ですね~社長は当時このタンクが嫌でブラックに塗装したそうですw



30年以上前に15台だから現存しているのは日本で何台か…因みに当時のモーターサイクル・デンの初代社長が日本に仕入れたそう。デンの社長から手放すときは声かけてと言われていたそうですが、ご存じのようにお亡くなりになってしまってそれ以来現在までガレージで眠っていたと。

そんな貴重なものオレが所有してよいのでしょうか?w
これは公道復帰させないと!

ところが…会社でエンジン始動をこころみると…
R0013491-s.jpg
かかった

もの凄い白煙でしたw
チョッパーとは思えぬ獰猛な爆音だった…

とはいえ問題はある。
まずクラッチが切れない。エンジンはかかるけど1速に入れるとエンジンストップ。
バッテリーがない。部品取り車にはバッテリーが入っていたが当然昭和の時代に死亡…因みにバッテリーの周りの配線が2台とも違っててよくわからない。
それに関しては説明書きのステッカーが貼ってあったけど英語とイタリア語…
そう、この2台は本国仕様と輸出仕様なようなのだ。

あ、フォークも抜けてるしなぁ…
キャブも清掃だろうな…しかし10年以上エンジンかけてなかったらしいんだけどよくかかったなw


こんな感じです。
会社でレストア開始するのでお暇なら見にきてね。
というかお知恵を拝借したいw
パーツ情報も大歓迎です

皆さまよろしくお願い致します。
プロフィール

RyoSK

Author:RyoSK
最近埼玉県在住となったMOTOR好きです。
車はJaguar XJ8、バイクはHARLEY DAVIDSON FLHチョッパーに乗っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。