スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRON SKY

初日(9/28)にレイトショーで「アイアン・スカイ」を観てきた。
う~んどうもナチ物は過度に期待しちゃうんだよなぁw

「イングロリアス・バスターズ」はガッカリしたもんなぁ・

それはそうと「アイアン・スカイ」

WWⅡでの敗戦後、ナチスの残党が月に渡り再軍備、第四帝国として地球に帰還する
ための準備をしている…という都市伝説に基づいたワクワクするストーリーw

ironsky_03.jpg

o0510034010917396925.jpg

Iron-Sky-1.jpg
ビジュアル、世界観はバッチリ
月面でバイク! ツンダップ的な造形がイイ。

UFOを作れる技術はあるが、ワーゲンに乗ってたり、真空管のついたアンティークなコンピュータを使用しているなどのチグハグ感が笑える。
なんかジャン・ピエール・ジェネの「デリカテッセン」みたいな手触り、レトロフューチャーというかなぁ…
(もしこれが戦闘能力抜群のハイテクなナチだったら、コメディにはならなかっただろうな)

ironsky_renaterichter-s.jpg
ナチのプロパガンダに心酔しているけど、優しいリヒター嬢。
後半、髪の毛を下すのだがビックリするほどキュート

(総統役がウド・キアだったのは笑えたw)

…というわけでビジュアル面ではバッチリなのだ。
だけどちょっと脚本が中途半端かと。

まぁコメディであることはわかっていたけど、それならそれで「MARS ATTACK!」みたいの期待してたのねw
もうメチャクチャ、悪ノリ、やり過ぎみたいな。
地球全土に月面ナチ降下!みたいな。

…そんなことはなくて。

けっこうチマチマした話が絡んで来てさ…中盤まどろっこしいんだ。

オレが観たかったのは地球防衛軍VSナチ!
もっとシンプルに、アクションに振って欲しかったなぁ。
まぁそうすると予算がかかるけどね。


各所にちりばめられた色々な映画のパロディ、ナチスの歴史的事実に触れた危険なパロディ…そして前述の圧倒的なビジュアルイメージ(神々の黄昏号のかっこよさといったら!)に支えられてなんとか最後まで面白く観れたけどね。
この手の映画にはお約束の皮肉っぽいエンディングもまぁいいだろう。



だけど…どうも物足りないw

もっと月面ナチの活躍を見せてくれ!


アニメ「ヘルシング」みたいなノリのナチ物はないものか?
あ、それじゃ一般の映画館で観れないかw
どうもナチ物は正統な判断ができない。

RIMG0190-s.jpg
パンフレット。
なんで月が欠けてるかって? 総統がご立腹だったからさ♪
スポンサーサイト

BELLFLOWER

今日は渋谷シアターNに「BELLFLOWER」という映画を観に行ってきた。

http://bellflower-jp.com/#!/skip


客は4人?5人?w

とにかく観た感想としては自分は好きな映画である。

主人公のダメっぷりは男なら共感できるはず。
男は日常的に妄想と暴走が渦巻いている。それをなんとかバランスをとって日常を送っているのだ。
火炎放射器でも作りたくなる時もあるさ。(ねえか?)


作風としてはインディペント色がとても強いので、通常のロードショーに慣れた眼には奇異に映る作品であろう。

白昼夢のような…単焦点レンズで撮ったような…背景ボケボケの荒れた画像に哀愁たっぷりのザラザラのサントラが重なる。
ヴィンセント・ギャロとかギャスパー・ノエとかの作品てこんな雰囲気じゃなかったっけ?
(この幻覚のような画像は監督が改造したカメラの効果によるものだったのだ!)



主人公のウッドローは働きもせず親友のエイデンとビール三昧。
2人して「MAD MAX2」に登場するヒューマンガスを崇拝し、世紀末が来てもいいように火炎放射器の制作に余念がない…
このボンクラっぷり、他人事とは思えない人もいるんじゃない?w

f507a93d-s.jpg

ヒューマンガス様近影
荒野の支配者、ロックンロールのアヤトラw


そんなダメな主人公たちだが、人並みに恋にもおちる。
デートもする、SEXもする。

だけど生来のダメンズ、特にウッドローはやることなすこと裏目に出て次第に心身ともに壊れていく…



オレも期待してたけど、予告編で威勢よく放射している火炎放射器は実際は何もかもを焼き尽くしたりしない。
放射のシーンはほぼ妄想の中。

342270view007.jpg 
火炎放射器〝MEDUSA MODEL1〝の試射のシーン。
ここだけは怒迫力!

凶暴なルックスに生まれ変わった72年式のビュイック・スカイラークはマックスのインターセプターのように活躍はしない。
342270view005.jpg
物凄い火柱のフレームスロワーだが

この作品はアクション映画じゃない。
ヒーローはいない。スカッともしない。

1人の男が妄想と現実が交錯して自暴自棄になっていく様を刻々と映し出しているだけだ。

342270view001.jpg


「TAXI DRIVER]の主人公、トラビスはベトナム戦争から帰還し不眠症に蝕まれた。
シャバの不条理を目の当たりにし、世の中を変えてやろうなんて思っちゃった。
そして武器を作り、体を鍛錬した。

「BELLFLOWER」の主人公の武器は世の中を変えるためじゃない。
むしろ世界を焼き尽くそうと思っているのだろう。
それも何のイデオロギーもなく。



100%共感はできないけど、こういう気持ちもわかるなぁ。
(監督の失恋体験の負のエネルギーを制作にぶつけたらしいw)

わかっちゃいけないけどわかる、危険な魅力に満ちた作品である。


賛否両論あるだろうなぁ。この作品は。
オレはもう一度観たいね、もう一度〝MEDUSA〝の官能的な、地鳴りのようなエクゾーストノートが聴きたいしw


因みにこの作品はビースティー・ボーイズの故アダム・ヤウクが気にいり、この作品の全米配給にこぎつけていることからして、鋭いセンスを有している作品だってことは想像つくでしょう。


監督、主演、脚本…のエヴァン・グローデル、久々に出たPUNKな奴。
これでデビュー作ってんだから期待できる。



これから要注目だな。

原田芳雄追悼~梶芽衣子スタイル

doc梶芽衣子00104320110728103142_001-s

先日書いた「梶芽衣子スタイル」、まずは「反逆のメロディー」、「新宿アウトロー ぶっ飛ばせ」を昨日体験してきた
¥1300で2本立て、名画座っていいなぁ。


今回のこの企画は先日惜しくも亡くなられた原田芳雄氏の追悼とあわせている…
特に昨日観た2作品は梶芽衣子出演というより、原田芳雄主演といった感があるものだった。

gnj1107200509017-p1.jpg


それにしても原田氏、カッコよ過ぎますわ。
男が惚れる男。
今、この空気を持っている俳優はいないね。

☆反逆のメロディー

出演 原田芳雄、梶芽衣子、佐藤蛾次郎、地井武男、藤竜也
このメンツだけで即死必至。濃厚。

素肌にGジャンを着こんだ原田芳雄のワイルドさといったら!
地井さんの狂犬っぷりといったら!
(ちぃさんぽの影は微塵もなし。)
梶芽衣子の魔性っぷりといったらもう!
ナチヘル被った佐藤蛾次郎のフリーダムな感じといったらもう!
藤竜也のダンディなことといったらもう!この口髭、完璧!


時代の空気が色濃く出たヴァイオレンスアクションの傑作であると思う。
アメリカンニューシネマ風なエンディングも個人的には好き。



☆新宿アウトロー ぶっ飛ばせ

出演 渡哲也、原田芳雄、梶芽衣子、成田三樹夫、沖雅也
これまた濃厚なメンツ。こちらも即死。
※渡哲也、原田芳雄、成田三樹夫が3人酒場のカウンターで並ぶシーンがあるが、もう絵的に最高&最強。


20110720-00000332-oric-000-0-view.jpg

渡哲也はこの頃から大門風味w″死神″の異名をとるやくざ。
原田芳雄のワイルドっぷりは相変わらず。松田優作が意識していたというがそれもうなづける。
梶芽衣子の魔性っぷりも冴えてる…でもこの方は聖母(マドンナ)な雰囲気もあるところがまた男を惑わせるw
成田三樹夫は″さそり″の異名をとる冷酷な用心棒。肌の薄さ、唇の薄さ、すわった目付き…静かに狂っている感じがよく出ていた。
沖雅也は皮ジャン、皮パンでキメた暴走族のリーダー。正統派な2枚目だね~こういう濃い恰好も彼ならギャグにならない。


こちらは一応ハッピーエンド。
でもそこに行きつくまでがね…w壮絶。


これらの壮絶な男くさい映画観ちゃうと、現代の邦画って物足りない。
とっても物足りない。
血みどろ、汗みどろ、爆発、バイオレンス、エロ…が足りない。
俳優も「薄い」。
男が男っぽくないし、女も色気が足りない。



まぁ時代ってのは確実にあるけどね。
このノリを今表現するとギャグになっちゃうか、オタクっぽくなるよね。

その点、タランティーノって上手いし、愛が感じられるよなぁ。



…で家帰ったら、ケーブルでやってた「戦国自衛隊」観てるんだからw
昭和病は治りそうもないw

さーて次は何見に行くかな!


おまけ

梶芽衣子スタイル_678-s

銀座シネパトスのトイレに貼ってあったw


梶芽衣子スタイル_680-s
思わず買っちゃった「梶芽衣子全曲集」。

今朝はこれを聴きながら出勤しましたw
朝から鳥肌立ちっぱなし(名曲過ぎて&怖くて)



それではまた!

梶芽衣子スタイル

このブログはバイクネタばかりではありません。
そんなにバイク触っているわけじゃないんですよw


ジャパニーズクールビューティー、梶芽衣子さんの特集が銀座シネパトスでやってることがわかりました

梶芽衣子さんの作品は女囚さそりシリーズと野良猫ロックシリーズしか観たことがありませんが、
この方の存在感は抜群にかっこいい。

5bb13e34-2a4c0-s.jpg



例えば「女囚さそり けもの部屋」って観たことありますか?
もう冒頭10分くらいで彼女のワールドに持っていかれます。
超インパクトのあるオープニングなんです


今、こういう翳のある女優さんいないよなぁ…時代なんだろうけど。

上映スケジュールです

doc00097920110722110416_001-s.jpg

あら?字が小さ過ぎですねw
詳しくは劇場HPでどうぞ。
http://www.humax-cinema.co.jp/cinema/top_ginza.html

さすがに全部は見に行けないなぁ。どれ見に行こうかな~
プロフィール

RyoSK

Author:RyoSK
最近埼玉県在住となったMOTOR好きです。
車はJaguar XJ8、バイクはHARLEY DAVIDSON FLHチョッパーに乗っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。