スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れです

久しぶりの更新です。
最近はどうしてもインスタやらFacebookで近況をアップしちゃうのでどうしてもこちらはお座なりに…。
プライベートでも色々あったから忙しかったしね。

そんな久しぶりの更新が残念な報告になってしまうとは。
このたび所有していたXLH883Hを手放すこととなりました。
次はショベルのFLH(の面影は全くありませんが)に乗る予定となっております。
こいつには2年ちょっと乗った感じです。

↓こちらが現在の姿です。
XLH883H下取り前1
サドルバッグ、ツールバッグを取り外しシンプルな状態となっております。
自分で言うのもなんですがカッコよくなってきた感じなんです!

160901-120934000_R.jpg
目指していたのはショベルの純正風w
チョッパーを作ろうとしていたんじゃありません。
純正の持つ野暮ったさを自分なりに解釈し、ちょこっとずつカスタムしていました。
XLHやXLCHのようなアイアンではなく、どっちかというとビックツイン、とりわけゴキタンでお馴染みのFXEをモチーフ
にしていたつもりです。

160901-121430001_R.jpg

160901-121317000_R.jpg
このハンドルはほんと絶妙でした!
気づきました?

160901-121133001_R.jpg
エアクリーナーをS&Sにしていたのです。
ベタだけどやっぱりカッコいいのです!

160901-121149002_R.jpg
シートもCHOP SHOP製のK&Qに。
純正とは比べ物にならない薄さ、小ささが非常にかっこよかった!
乗り心地もそんなに変わらなかったし。

160901-121216003_R.jpg
…で最後まで拘っていた純正メーターもミニミニメーターに交換。
もう走行距離とかいいやってw
とても小さいですが見にくいってことはなかった。LEDで明るく光っていましたから。
(行き場のなくなった純正インジケーターがこんなところにw)

160901-121520002_R.jpg
因みにクリーナーは現行品より薄いBキャブ用を使ってくれていました。



…とこんなに弄ってた矢先、これを手放すってのはないな!みたいなことを各地で言っていたような気がしますが色々な理由で
2台持ちは厳しいんです。
それに次のバイクはこのエボスポーツと雰囲気が似てるんで、似たようなタイプだとやはりどっちかしか乗らない、もっというとラクなエボスポーツばっかり乗ってしまうのではないかと。

で今まで節操なく色々なタイプのバイクに乗ってきたけどコイツは一番自分に合っていたように思う。
大げさじゃなくバイクの楽しさ、走り方がやっとわかった気がした。
「遅い!」とかみんな言うけどオレは100km出れば充分だよw
スロットルをガバッと開けても怖くないっていい。

あとエンジンのリズムっての?あれが好きだった。
この楽ちんなポジションで50km位でゆら~と走ってるとほんと気持ちよかった。
このぐらいの速度だと鼓動感で体が揺さぶられていい感じだった。

という割にはあまり遠出はせず、近所の足になっていたのは否めないが。


…でもコイツには申し訳ないけど目標はショベルだったんだ。
だからショベルっぽくなることを意識してカスタムしていた。

人によってハーレー感って違うと思う。
ナックルの人もいるだろうし、パンヘッドの人もいる。
オレはなんだかショベルだったんだよね。
いつか乗りたいと思ってた。
あの華奢なフォーク、スカスカなフレーム、そして言わずもがなの美しすぎるエンジンに惹かれていた。

そんな矢先、お世話になっているショップで出物に飛びついた訳です。


次のショベルはコイツとは真逆の、純正部分がほとんどない奴w
「これFLなんですよね~」ってどこが!って感じ。

近日納車されることでしょう。
逆シフト怖いなーw


今までほんとうにありがとう。
おまえは年式の割にとても綺麗で純正パーツも揃っている、だからきっといい人に買われると思う。



あー悲しい
スポンサーサイト

ご無沙汰です

去年の9月から更新が止まってましたw
すいません、公私ともに忙しかったと言わせてください。
ハーレーは乗るのが精一杯って感じでしたよ…

近所しか走ってないし、人ともほとんど走ってません。

…で久しぶりのハーレーネタ。

XLH883H全景
長らくノーマルで乗っておりましたが、最近軽くカスタム?しました。
(あんまり変わってない?大変なことになってるだろ?ハンドル周りのボリュームがw)

ハンドルがジョイライドスピードショップ(最近お世話になっております)オリジナルのプルバックハンドル。
Nさん拘りの「曲げ」が素敵っす。
(最初はナローでビックリしたがw)

…でハンドル買えたらノーマルミラーが超飛び出てきてどうにも運転に集中できない。
暫定的にクランプミラーを片方のみつけて対応していたんだけど片側ミラーはどうも疲れる。
まぁ最終的には慣れては来たけど純正然としたオレのバイクには両側ミラーが似合うのでは?
と思い物色。

デイトナミラー
結果コレ。
わかりにくいけどこのミラーだとショートステムなんであまり飛び出ない。
デイトナ製の「プルバックハンドル交換時、ミラーの飛び出しが気になる場合」のミラー。
なんとなくスクエアタイプにしてみた。純正がスクエアだしね。

…今度はハンドル交換時から薄々思っていた「膝と肘が近い」という問題を解決するためにハンドル位置をあげようと考えた。
なんか窮屈だった。
…で色々なライザーをみたのだけどどうもよくあるあのライザーが好きになれない。

…で結局こんなものを購入。
ライザー
要は下半分だけ。
だから必然的に純正メーターーの位置はこんな位置にw
わかってはいたがおかしいだろ、これは。

全景2
引いてみてもおかしいものはおかしい。

オレは何に向かっているのか?
チョッパーにしたいのか?
ロングフォーク化?それともハガーであることを生かし小さい感じになるように?
どっちもいい。特にこのハンドルにしてからロングフォークはとてもいい気がする。

…でもわかった。
何を目指しているのか。
それはまた今度話します。

ツールバッグ
ツールバッグ裏
初めてツールバッグを購入したんだ。
LTDの時ツールロールはあったけどね(ケブラー製だったと思うけど結局はボロボロになって廃棄)
これはジョイライドさんに行った時、ルックス、コストパフォーマンス共にいいなと思い購入。
いつもなら黒を買う人なんだけどちょっとの差で売り切れ。

まぁ最近はブラウンも好きだし…てことで購入。

Oさんにいただいたサドルバッグは黒…なのは知ってる。
サドルバッグは暫しメンテナンス期間としよう。

ツールバッグ装着
こうつけるんだよね?w
ダウンチューブにつけてもいいかなと思うけどね。
なんかコレやるまではフロント周りが重くなりそうな印象だったけど全然体感できなかったよw


サイドバッグ
今までシートとナンバープレートに挟まれていたドイツ軍レプリカ雑嚢はとりあえずここに。
(工具が入っていた)
色が焼けたなーボロくなったし。
でもこのバッグデザインが好きで。もう一回買うと思う。


…駆け足で仕様紹介。
かっこよくなりそうな予感はするんだけど今はどうにも中途半端、かっこ悪い。
いやーハーレーのカスタムって難しい。
何でも受け入れそうでバランスがね。

ま、手探りで進んでいくつもり。


バイクに乗るにはいい季節になりましたね。
今夜もバイクで帰ります(今日は仕事でしたw)

2014年走り納め

…ていってもみんなでどっか行ったとかではなく。

五日市街道~R16~新青梅街道のいつものコースを1人で走ってきた。
「ちょっと走ってくるわ」となるとこのコースが多い。

今日は実に丁度良い日和。
2014年大晦日 出発 6-s
久々にボロいジェットを被ってみた。
(すぐ後悔することになるw)

2014年大晦日 コンビニ-s
新青梅街道のコンビニにて。
同じように走っているバイク乗りがいたなぁ。

因みにこのヘルメットについてるシールド、加速すると開いちゃうんだw
今日も加速中に2回程開いて(それも中途半端に)一瞬視界が歪みまくってビビった。
この点を忘れてた。

2014年大晦日 1-s

2014年大晦日 3-s
ただ純粋に走ってきただけ。
気持ちよかった~

2014年大晦日 オドメーター-s
備忘録的な。
オイル交換を11月初旬にしてから≒678km走った様子。


ハーレーに乗り始めてもう少しで1年。
結局この形のまま乗り続けてきた。
買う前は色々カスタム計画があったんだけどなw

ここまで乗ってきた感想としては「こいつは面白い、飽きない」って感じ。
加速時の…ダダダダダダダダダダダダダダダ~ていう重低音な排気音には今でも興奮する。
スピードが出てる、出てないは関係ない。

ギアが入る時の「カシャーン!」っていう国産ではありえない金属音も好きだ。

勿論アイドリング時の「ダッダカッ…ダッダカッ…」も好きだ。

2014年大晦日 4-s
各パーツの雑でゴツい質感も好きだ。
日本人には遠くて、幅広いと言われているレバーも好きだ。
最初「クラッチ鬼重い!」とかいってたけど今ではそれすら愛おしい。



そりゃ自分の周りにいるアイアンとかショベルとか…の旧車勢は文句なくカッコイイ。
排気音だけでメシが食える的な感じだw
でも今の自分に合ってると思えるのが一番かなと。


自分はあんなへなちょこな運転しているけどバイクはそれなりに長く乗っている。
でも今まで乗ったバイクでは文句なく一番こいつが合ってると思えるね。
そうでなきゃ自分から奥多摩なんて行かない。


…というわけで来年も走るよ~
来年はキャンプとかミーティングとかに積極的に参加しよう。


これを読んでくれている皆様、来年は路上でお会いできることを楽しみにしています。
それではよいお年をお迎えください。

奥多摩周遊道路 再び

今日は以前このブログでも取り上げた奥多摩周遊道路に再び行ってきた。
峠道は苦手だけど、何故か頭に浮かんで離れなくなったのでGO!

以前行った時は何も考えず、青梅側から行ったのだけど、えらい難儀した。
下りの急カーブの連続にビビリまくっていた。
そしたら友人のNさんが「五日市側から行くとラクだよ」とのこと。

結果的には確かにラクだった!
まぁ走りを楽しむ余裕はまだないけど。
最近やっとバイクの乗り方がわかってきた気がする(爆

都民の森-s
とりあえず都民の森にて。
天気悪いw 実のところ五日市辺りで雨がパラついた時に引き返そうかと思ったんだが…。

都民の森 駐車場 改-s

都民の森から-s
寒々しい…実際ここは下界より寒かった。
なんか…一定の場所から急に冷えた感じがしたね。

都民の森 看板 改-s
有名な看板w
バイク乗りは萌え系が好きな人がけっこう多いと思う。行政も色々考えるわ。
そうね、オレはそよ風でいいよ。

…わかっていたことだけど、ここに着いた時点でガソリンの残量がヤバかった。
なんか奥多摩周遊道路ってそんなに距離ないと思っちゃったんだな。
(こんな小さいタンクのくせに何故そう思う!)

不安を覚えつつ、再び走り出す。
…とやっぱりトリップメーターが62マイル(だったかな?)のところでストップ!(-_-;)
リザーブってどれくらい入っているんだろうか。
場所的には周遊道路が終わる…て場所。

「もう下山したも同然、ふもとに降りればあるだろ」
と言い聞かせるも走れど走れど山の中。

覚悟してた。山の中でJAFにガソリンを持ってきてもらうことを。

ところがあったんだな…エネオス!
「最終スタンド」って書いてあったなw
給油-s

あ~よかった。

満タンにした後は心に余裕が生まれ、いい感じで下山終了。
下山-s

タイヤ-s
さすがにタイヤの横?を使った感があるw

いつもの自宅近くのエンジンストップポイント。
え?ここで紅葉写真w
もう途中からガソリンの事が気になって写真撮る気にならなかったんだよね…
帰還-s

関係ないがこのグローブは1年経たぬ内に穴が空いた。
デザイン気に入ってたんだけどな。ただ革が薄いぞw
グローブ-s

シンプソンもさすがに薄汚れましたな…
このアングル、ザクみたいで好き!
シンプソンM30-s


奥多摩周遊道路に行った割には暗く、地味な写真ばっかりでスイマセン
とりあえずガソリンの携行缶を持ちたい…というかガソリンはマメに入れたいw
それでも、あのデカいタンクのスポーツスターには乗り換えないぞ!

オイル交換

購入してから≒10ケ月位か、やっと≒3000km走った。
ほんと近場を流してるだけだから。
そんな走りでもオイルは劣化するもんで、今回交換となった。

初オイル交換の始まり!
身近にエボスポ乗りがいないので教えてもらうこともできず、マニュアル、ネットの情報を頼りに始める。
というかエボ乗りの知り合い…いやハーレー乗りの知り合いが少ないですw
誰か友達になってください(爆

メンテナンスマニュアル
あらかじめ用意しておいた。
時々読んではイメージトレーニングをしていたw

この本凄いよ、特に小さい方。
基本メンテナンスからエンジンを下しての作業まで写真入りでびっしり書いてある。
(メーカーが出している純正マニュアルは高くて…)

牛乳パック
このリサイクルに回すような牛乳パックは後で役に立つ。

オイル排出
暖機は充分していたので、そのまま排出。
LTDは普通のバイクっぽくドレンボルトを外して…だったがこいつはドレンホースを緩めることで排出する。
真っ黒ですよ…確実に劣化してる。

排出完了
廃棄ボックスはあるんだけど状態を見たかったためトレーに一旦排出。
まぁ問題ないように見えるけど?水も混入していないみたいだし。

フィルターレンチ装着
ハーレーのオイルフィルターはここ。
おいおい、どうみてもオイルこぼれるだろw
排出するものが入っているのに何で地面の近くにない?
というわけで先ほどの牛乳パックをかませてオイルの通り道とする。
そしてこの時しか使用しないフィルターレンチをかまし、緩めるとオイルが出てきました~
(上手い具合にパックの上をオイルが通らず一部こぼれた事から撮影する暇なしw)

オイルフィルター
今回はフィルター交換はなし。
納車の時に新品にしてるから。次のオイル交換で交換しよう。

フィルターの中にオイルを入れて、再度装着。
(この時は手締めでいいみたい)

マニュアル
マニュアル首ったけですw
微妙に書いていること違うんだけど、まぁやりやすい方で。

フィルター外し後
周りの付着したオイルをパーツクリーナーで除去…と。(これは除去前)

オイル注入
今度はオイルタンクにオイルを注入。(注入している写真はありません)
オイル
今回のオイルはこれ。レブテックのシルバー。
鉱物油と化学油の混合…かな?
2本ちょっと入れたところでほぼ規定量。フィルターに入れた分もあるので気持ち少な目に。

仮止めしたドレンホースを2秒ほど外し(ライン内から空気を出す意味合い)…サイドドレンホースを差しウォームローラー
クランプを固定。(当然写真はない)

バンド
ウォームローラークランプ。キレイにしたけど上記の作業をやったら再度オイルまみれになる…

メーター
備忘録的な。
(オレのバイクはアメリカ帰りなのでマイル表示)

クランプ固定後1~2分暖機。
暖機後再度オイル量を測ると実にちょうどいい感じに収まったかと。
アッパーレベル2歩手前か。

というわけで…オイル交換終了。

スラッジ
オイル廃棄箱にオイルを移すと…金属粉が。
これぐらい想定内でしょうか?

オイル廃棄箱
一応できた!…と思う。

出来る人から見るとなんてことないネタだけど自分としては達成感あり。
愛着沸くしね。

この後増し締め、プラグ清掃なんかをして今日の作業は終了。
天気悪いけどちょっと走ってくるかなぁ…
(因みにここは会社なので帰らなくてはいけないのだけどw)

次のオイル交換時にはミッションオイルも交換しようかな。


とっても地味な絵のネタでスイマセンw
プロフィール

Author:RyoSK
最近埼玉県在住となったMOTOR好きです。
車はJaguar XJ8、バイクはHARLEY DAVIDSON FLHチョッパーに乗っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。