スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川森作個展

今日はオイル交換の前に友人から教えてもらった展示を見にいっていた。
なんか凄いツボな感じに見えたんでさ。

「市川森作個展」
http://thetail.jp/archives/11632
(明日で終わりだぜ)

久しぶりに吉祥寺に行ったな。
色々様変わりしていた。

市川森作 会場風景1-s
市川森作個展 会場風景3-s
面白そうでしょ?マトリョーシカがいっぱいだよw

作者の方は元々グラフィック関連の方で、音楽関連のフライヤーなんかも手掛けているそう。
とても感じの良い方で色々お話しさせていただいた。

市川森作個展 JAWS-s
JAWSだ~
市川森作個展 RAMONES-s
RAMONES!
この方、まずタッチがいいね。エージングしているわけじゃないのにどこかアンティークな香りがする。

市川森作個展 MARS ATTACK!-s
MARS ATTACK!

市川森作個展 BATMAN-s
BATMAN!
個人的にはBATMANはこういうノリが好き。
「DARK KNIGHT」とかいい映画過ぎるよ。2回観たけどねー

市川森作個展 HORROR MOVIE-s
キャプテンスポルディングの中には有名なホラーキャラクターが勢ぞろい。
小さなチャッキーがキュート

市川森作 サーカスアニマル-s
こういうカワイイものも制作してますw

市川森作個展 KING PIN-s
なんかシュールw

市川森作個展 ZOMBIE-s
ZOMBIE~グロ~w 個人的にはゾンビはロメロ監督のものが好きです。
あ、WALKING DEADもイイネ。走るゾンビは好みじゃない…

市川森作個展 パルプフィクション-s
ハハハ、PULP FICTION

市川森作個展 ビック・リボウスキ-s
ビックリボウスキw ダメな感じがよく出てます。

市川森作個展 探偵物語-s
工藤ちゃんな探偵物語。
作者の方、世代一緒かな?w

市川森作個展 男はつらいよ-s
寅さん!寅さんはほとんど観てないんですけどとりあえず一作目は面白かった!

市川森作個展 ラビリンス-s
ラビリンス!やっぱり世代が近いんだろうか?〝グーニーズはグッドイナフ〝なグーニーズもあったしw

個人的に特に刺さったのは以下の2作。↓
市川森作 MADMAX2-s
ヒューマンガス様が雄々しいMADMAX2!
ウェズのモヒカンが傾いているのはマトリョーシカ本来の機能を損なわないため。
実際目の前でヒューマンガスの中に入れてくれたもん。

因みにMADMAX2は友人が購入したそうですw

市川森作個展 ベースボールフューリーズ-s
こいつは刺さったなぁw ウォルター・ヒル監督の名作「WORRIORS」に出てくるストリートギャング、ベースボールフューリーズ!
なんとマニアックなwセリフないぞ、このチームw バット持ってウォリアーズに襲い掛かってくるだけだぞw
野球には興味がないけど、一番好きな野球チームは?と聞かれたら「ベースボールフューリーズ」と答えるね。

というわけでこの作品は購入させていただきましたw
会社に飾ろうっと。


他にもグラフィック作品なんかも色々あった。イラストの仕事がメインみたいなんだけど、とあるきっかけでマトリョーシカを改造することを始めたそう。
また作者の方、007シリーズが大好きらしくそれらを題材にしたイラストもよかったなぁ。


この展示の帰りにバイクの調子がまだ完調ではないことが身を持ってわかり、若干落ち込んだけどこんな面白い展示が見れたんだからヨシとしようぜ


この展示の存在を知らせてくれたS子さん、THANKS!
スポンサーサイト

太閤山ビエンナーレ~

…で翌日は太閤山ビエンナーレ会場へ。

会場は太閤山ランド
http://www.toyamap.or.jp/taikou-land/

とっても広い公園でしたわ。
そんな中、清河北斗くんの作品が展示されていた。
ビエンナーレは3期に分かれており、今回は1期。
段々立体も増えていくみたい。
本ブログは北斗くんの作品メインでいきますw
因みに北斗くんの作品は全期を通して展示されるそうです。

獣駆輪 水平式底床型 骨相像9(遠景)_R
単焦点レンズで撮ったから、撮影時かなり下がったな、この写真はw

獣駆輪 水平式底床型 骨相像1_R
かっこいいじゃん 「獣駆輪 水平式底床型 骨相像」
タイトルもイカす。
獣駆輪 水平式底床型 骨相像2_R
獣駆輪 水平式底床型 骨相像3_R
獣駆輪 水平式底床型 骨相像4_R
獣駆輪 水平式底床型 骨相像5_R
マスタングイメージの造形がイイね。

獣駆輪 水平式底床型 骨相像6_R
獣駆輪 水平式底床型 骨相像8_R
獣駆輪 水平式低床型 骨相像7_R

いいものを見せてもらった。
やっぱり見に来てよかった


これからも楽しみな作家さんだねぇ。


この後他の作品を見たり、富山県立近代美術館で開催されていた企画展「ロマンの系譜 怪奇幻想玉手箱」を見たりして帰った。
他の立体作品の一部↓
太閤山ビエンナーレ1_R
太閤山ビエンナーレ2_R
太閤山ビエンナーレ3_R
太閤山ビアンナーレ4_R
太閤山ビエンナーレ5_R
どれもよかったよ。
もっと前時代的な作品がずらっと並んでて北斗くんの作品が浮いているのかと思ってたw

富山県立近代美術館2_R
富山県立近代美術館1_R
富山県立近代美術館
http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/3042.htm

こちらはとにかくゴヤの四大版画作品が一堂に展示されてて圧巻。
ゴヤって異端の香りがプンプンするな、本物だよ。
他にもギュスターブ・モローの「ピエタ」、ムンクの「ヴァンパイアⅡ」なんかが個人的にはよかった.
あとここ常設展もいい。…でも作家の名前とか忘れてるなぁ…なんか寂しい。


こんな感じで何気にアート三昧の2日間だったな。
往復900kmくらいあったとか言ってるけど実際はそんなにツラくなかった。

やっぱりインプレッサだから?w


たまには刺激を受けに出向くことも大事だと感じた次第。

清河北斗展

先週末は友人の個展を見に富山まで足を伸ばしてみた。
バイクじゃないっすよw、インプレッサです。
バイクは修復作業が止まっております…

清河北斗…彼との出会いは話せば長くなる。
とにかく幼少時に一緒に遊んでいるらしいw
(お互い覚えていない)

…で時は経ち、彼が東京に出てきて同業者として再会した。
…で彼は数年前郷里に帰り、地元で造形活動を行っている。

彼のブログ↓
http://ameblo.jp/studio-hot/

とにかく彼の作品は実際に見たかった。
写真ではなく。
というわけで往復900km、1人で運転してきましたw
今回は1人旅っす。

場所は富山にあるガラスのピラミッド。
個性的な外観の不思議な建物だ。

馬人2_R
馬人6_R
馬人7_R
馬人11_R
彼の代表作といってもいい「一卵性双生馬人」
やっと見れた
これは2年位前の作品とのことだが、なんとパリで開かれていたジャパンエキスポにも出品されている作品。
彼のこのセンス、好きだなぁ。かっこいい。

悪魔人間3(改)_R
悪魔人間4改_R
「悪魔人間降魔成道像」
小さいものだがそこは銅製、めちゃ重かったw
そしてダイナミックプロ監修
こちらは購入も可である。

欲しいね~w こんなの部屋にあったら締まるぜ~
デビルマンってやっぱり原作イメージがいいよね。
(中学生の頃原作を読んで軽くトラウマになったよ…ショッキングだった)

眺めていると、どこか仏像的な造形に気持ちが落ち着いてもくる。

清河北斗展1_R
清河北斗展3_R
清河北斗展5_R
清河北斗展6_R
清河北斗展12_R
…タイトル失念
とにかくかっこいい。
彼の作品はどことなく「和」のテイストがある。いやらしい感じじゃなく。

オレは一応彫刻を学んだ人間だが、いまだに美術はわかってない。
ただただ、かっこいいものに惹かれていたし自分もそれが原動力だった。

コンセプトありきの作品てあるけど「それって文章でよくない?」みたいな作品も多いよな。
やっぱり最初のインパクトって大事。インパクトで人の心をつかんだらそれで凄いことじゃないか。
大層なコンセプトがあっても、作品の外見がパッとしないと考えこんじゃう。
ああ、考えさせたいのか。


とにかく今回の展示はいい刺激になったね~うらやましいね、こういうセンス。


彼とは久々の再会で(といっても昨年末会ってるかw)、ちょっと話せたのだがいい話だったね。
とにかく彼はこういう特殊な仕事をしているにも関わらず地元に根差している。
ちょっとした有名人じゃないかなw


…と話も盛り上がったところでオレは帰路へ…じゃなく宿へ。
今回いつ行くか直前まで知らせてなかったんでさ、オレビジネス予約しちゃったんだよねw

また次の機会にお宅にはお邪魔させていただきます。

北斗くんと2_R
奥様に撮影していただきましたw
ありがとうございます。


次の日はギャラリーの近所にある太閤山ランドで開かれていた「太閤山ビエンナーレ」に行ったのであった。
そこにも彼はKOOLな作品を出品していたのだ

つづく

『龍子』 第4章 by エルド吉水

もう終了してるのですが、6/1(土)~6/14(金)まで開催されていた『龍子』 第四章 by エルド吉水に行っておりました。
場所は勿論クオリア・ジャンクション!

http://www.qualiajunction.com/

最近忙しくてブログをリアルタイムで書けませんでした
というわりにはこの展示は2回行ってたりw

オープニングの日に家族と、そして13日に1人で行ってます。
そんなわけで写真は2日間のものが混ざってます。
まぁそんなに影響ないでしょうw

龍子 第四章 作品1(改)-s
今回は第三章で登場した謎のダンサー、タチアナの過去が少し明らかに…。
タチアナ、カワいいなぁ
まぁ彼女も過去が気になるよね。

龍子 第四章 作品2(改)-s

龍子 第四章 作品4(改)-s
幼き日の龍子…。

龍子展 第四章(2回目)1(改)-s

龍子 第四章(2回目)2-s

今回は第一章が単行本として発売されました。
龍子 単行本

ファンとしては当然買い、ですw
第一章って今のところ一番好き

龍子 第四章 by エルド吉水4(改)-s
サインしていただきました
オープニング前のお忙しいところありがとうございました。

龍子 第四章 吉水さんと-s
恒例の2ショット写真もw
いつもお付き合い、ありがとうございますw

龍子 第四章 みのりさんと

オープニング当日はこんな素敵な方もいらしていました。
アーティストのみのりさんです。
http://minori.co/?fb_action_ids=112893065538233&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582

実はこの日の朝、ニュースでみのりさんの特集を見たのですよ。
…で夕方クオリア・ジャンクションに来たらいらしたんですw

朝ニュースで見た方とその日の夕方お会いできるなんて
少々お話しさせていただきましたが、なんだか妖精のような(妖精が見えない汚れた大人ですが)…ほわ~とした感じの方でした。

オレはこう見えてちょっと耽美主義的な部分があるので…ポジパンが好きだったりしたし…でこういう方は好きですね。

※ポジパン…ポジティブパンク(死語なの?)

龍子 第四章 作品5(改)-s
…で今回購入したのはこの作品。
これで『龍子』女性キャラクターコンプリートか?
アングルがね…好き。
吉水さん曰く、素早く動けばこのように発砲不能にすること、マガジンを抜いてしまうことができるとのこと。
まぁいいんです、実際できるかなんてw こういうシーンにワクワクするのですよ、オレのようなヲタクはw

到着したらまた事務所に貼ろうっと


吉水さんお疲れ様でした。
作品楽しみにしております!

単車でだ

先日の『龍子』 第三章 by エルド吉水…で購入した作品。

龍子 第三章(購入)_R


イカれてる。







会社の事務所に飾っちゃった
プロフィール

RyoSK

Author:RyoSK
最近埼玉県在住となったMOTOR好きです。
車はJaguar XJ8、バイクはHARLEY DAVIDSON FLHチョッパーに乗っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。